インターネット×ヒューマンのハイブリッドセールスと
独自通信サービスの提供で世界を目指す
株式会社ビジョン 代表取締役社長 佐野健一

 国内で法人向け固定通信、移動体通信、ブロードバンド、情報通信機器などの情報通信産業に特化してきた株式会社ビジョン。これまでに培ったノウハウとリソースを投入して、新たに海外向けモバイルWiFiレンタル事業を開始し急成長。経常利益を150%成長に導いた「インターネット×ヒューマン」の秘訣と今後の展望を聞いた。

■経歴
1969年 鹿児島県生まれ
1988年 私立鹿児島商工高等学校卒
1991年 某大手通信会社に入社後、すぐにトップセールスとなる
1995年 有限会社ビジョン創業
1996年 株式会社ビジョン改組
2012年 海外向けモバイルWiFiレンタルサービス「ビジョン グローバルWiFi」スタート
2015年 東京証券取引所マザーズに上場

富士山の見える場所で独立するまで

Q:まず起業までのお話からお聞かせください。
A:出身は鹿児島県で、学生時代はずっとサッカーをやっていました。高校最後の選手権で優勝することが最大の目標だったのですが、決勝戦で負け、サッカーを卒業することにしました。高校卒業後、地元で就職の面接を受け、40~50人の中から私だけ採用されたのですが起業したいという夢を貫くことにしました。鹿児島県下で1人しか採らない枠だったということもあり「来年以降、母校からの採用がなくなったらどうするんだ」と指摘も受けたのですが、19歳で東京へ出ました。

Q:その後、東京ではどうなさったんですか。
A:既に東京で起業していた小学校からの友人の家に住まわせてもらいながら、面接に行きました。私は起業をして頑張っている彼に凄く刺激を受けました。彼は、今で言うとSOHOのような感じで、超高層ビルの設計をやっていました。それに触発され、さらに起業意欲をかきたてられました。

Q:入社したのは光通信でしたね。
A:当時、情報通信分野では通信が自由化され、京セラの稲盛和夫さんが第二電電をつくったばかり。稲盛さんは同じ中学校の大先輩で、ずいぶん前にお会いしたこともありました。すごい方だということだけはわかっていました。東京から鹿児島にかける電話代はとても高く、これを安くできるサービスができるなんて素晴しいと思ったんです。

また、「通信」は、人と人のコミュニケーションであり、かたちは変わっても未来永劫に続く、新しい業界で可能性がある、そう思いました。いろいろ見た中にあったのが、第二電電の代理店だった光通信でした。まずよかったのは、同期10人のうち7人がいつか社長になると口にするほど志の高い人たちだったことですね。私もいつか起業をしようと思っていたわけですが、研修を受けた1週間で、日本経済はサラリーマンが支えていると考えるようになり、起業するにあたってもしっかりとした会社をつくろうと思いました。

(さらに…)